レーダースペクトラム計測装置

開放特許情報番号
L2008000013
開放特許情報登録日
2008/1/4
最新更新日
2015/8/20

基本情報

出願番号 特願2006-141064
出願日 2006/5/22
出願人 独立行政法人情報通信研究機構
公開番号 特開2007-309863
公開日 2007/11/29
登録番号 特許第4893989号
特許権者 国立研究開発法人情報通信研究機構
発明の名称 レーダースペクトラム計測装置
技術分野 電気・電子
機能 機械・部品の製造、検査・検出
適用製品 レーダースペクトラム計測装置
目的 長い測定時間を短縮し、他の送信機から外来不要波が出ていないという環境の中で、簡単な構成からなる、高い信頼性を有するレーダースペクトラム計測装置を提供する。
効果 測定しようとするレーダーシステムにおけるレーダースペクトラムを従来の測定時間より大幅に短縮できるだけでなく、信頼性の高い測定結果を得ることができる。他の送信機から外来不要波が出ているという環境の中で、周波数変換手段、A/D変換手段、DSPからなるスペクトラムアナライザを複数並列に設け、受信したレーダーの中の一つの周波数によって作成されるトリガー信号によって、前記複数のスペクトラムアナライザの同期を取ることで、正確な計測が可能になる。
技術概要
図1はレーダーシステムから放射される電波を計測するレーダースペクトラム計測装置を説明するための図である。なお、図1において、記号*は、互いに線で接続されているものとする。レーダースペクトラム計測装置は、測定すべきレーダーシステム11と、レーダーシステム11から放射する所望電波および外来不要波を受信する測定アンテナ12と、測定アンテナ12で受信した電波を受ける受信端子121と、受信端子121から外来不要波または所望電波に分けるスイッチ手段131と、スイッチ手段131を制御するスイッチ制御手段1311と、複数の高周波ダウンコンバータ141、142、14nと、高周波ダウンコンバータの周波数をデジタル信号に変換するA/D変換手段151、152、15nと、A/D変換手段の周波数を振幅に変換(フーリエ変換)するプログラマブルDSP161、162、16nとを少なくとも備えている。図2はレーダーシステムから放射される電波をほぼ全方位で計測する状態を説明するための図である。図3はDSPを説明するためのブロック構成図である。
イメージ図
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

アピール情報

導入メリット 【改善】
改善効果1 計測装置を並列に設けておくことにより、最大放射電力と、それ以外の放射電力の比較が同時刻に行なうことができるため、同時刻における周波数成分を短時間で、かつ、正確に測定することができる。スイッチ手段を設けることにより、所望の電波と不所望である他の送信機からの外来不要波を分けることができるため、計測結果の精度を向上させることができる。
改善効果2 外来不要波および所望の電波のタイミングを基にし、また、外来不要波を遅延させ、あるいは関数発生手段を設けることにより、スイッチ手段により外来不要波を除去することができるため、より正確な解析が可能になる。

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT