飼料作物の収穫作業体系の中で用いられるロールベーラに装着されるロールベーラ用ロールベール運搬装置

開放特許情報番号
L2007007845
開放特許情報登録日
2007/12/21
最新更新日
2015/8/3

基本情報

出願番号 特願2006-088458
出願日 2006/3/28
出願人 独立行政法人農業・食品産業技術総合研究機構
公開番号 特開2007-259748
公開日 2007/10/11
登録番号 特許第4264756号
特許権者 国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構
発明の名称 ロールベーラ用ロールベール運搬装置
技術分野 機械・加工、輸送
機能 機械・部品の製造、その他
適用製品 飼料イネ専用収穫機やトラクタの走行車に装備可能なロールベーラ用ロールベール運搬装置
目的 外部油圧供給系統を持たない飼料イネ専用収穫機等に対しても簡易に装備可能であって、特別な駆動動力を必要としない簡素な構造と軽量化によって安価な装備を可能にし、しかもロールベーラでの刈り取り、又は拾い上げ作業を中断することなく能率的にロールベールの運搬を行うことができるロールベーラ用ロールベール運搬装置を提供する。
効果 本発明によれば、外部油圧供給系統を持たない飼料イネ専用収穫機等に対しても簡易に装備可能であって、特別な駆動動力を必要としない簡素な構造と軽量化によって安価な装備を可能にし、しかもロールベーラでの刈り取り又は拾い上げ作業を中断することなく能率的にロールベールの運搬を行うことができる。
技術概要
 
主フレームと荷台フレームと荷受けガイドとを備え、荷台フレームは自身の重心位置が軸支部分より前方側にあり、後方フレーム部でロールベールを受け止めた状態ではロールベールの自重を加えた重心位置が軸支部分より後方側に位置するように軸支され、主フレームに主フレームと前方フレーム部とが同一平面になる位置で荷台フレームの前端部を自動保持する保持機構を設けると共に、保持機構の保持を解除する保持解除手段を設けるロールベーラ用ロールベール運搬装置である。
実施実績 【無】   
許諾実績 【有】   
特許権譲渡 【否】
希望譲渡先(国内) 【否】 
特許権実施許諾 【可】
実施権条件 平成10年6月29日付特総第1173号特許庁長官通達「特許権等契約ガイドライン」に基づき、案件ごとに協議のうえ決定。

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【有】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT