アルコキシル化用触媒とその製造方法、およびこの触媒を用いるアルキレンオキサイド付加物の製造方法

開放特許情報番号
L2007007821
開放特許情報登録日
2007/12/21
最新更新日
2007/12/21

基本情報

出願番号 特願平11-163353
出願日 1999/6/10
出願人 ライオン株式会社
公開番号 特開2000-061304
公開日 2000/2/29
登録番号 特許第3312883号
特許権者 ライオン株式会社
発明の名称 アルコキシル化用触媒とその製造方法、およびこの触媒を用いるアルキレンオキサイド付加物の製造方法
技術分野 有機材料、無機材料
機能 材料・素材の製造
適用製品 金属酸化物からなるアルコキシル化用固体触媒、及び界面活性剤等の化学品の原料として有用なアルキレンオキサイド付加物。
目的 高分子量ポリアルキレングリコールの副生を抑制しながら、狭い付加モル分布を有するアルキレンオキサイド付加物を効率よく製造しうる触媒を提供する。
効果 高分子量ポリアルキレングリコールの副生が抑制されるため、触媒の濾過性が改善されるばかりではなく、得られたアルキレンオキサイド付加物を原料とする化学品の特性(例えば低温安定性)が良好となる。
技術概要
マグネシウムとアルミニウムと6A族、7A族及び8族から選ばれる少なくとも1種の金属とを含有する混合水溶液から、マグネシウムと、アルミニウムと、6A族、7A族及び8族から選ばれる少なくとも1種の金属とを含む沈殿を生成させ、沈殿を300〜1000℃で焼成することにより、マグネシウムとアルミニウムとの原子比が、Al/(Mg+Al)により表示して、0.1〜0.7であるアルコキシル化用触媒を製造する。尚、アルコキシル化用触媒は、アルミニウムと、6A族、7A族及び8族から選ばれる少なくとも1種の金属とのスピネル型酸化物を含み、6A族、7A族及び8族から選ばれる少なくとも1種の金属が、クロム、モリブデン、マンガン、テクネチウム、鉄、コバルト、ニッケル及びルテニウムから選ばれるいずれかの金属を含む。更に、アルコキシル化用触媒を用いて有機化合物にアルキレンオキサイドを付加することにより、アルキレンオキサイド付加物を製造する。
イメージ図
実施実績 【有】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

登録者名称 ライオン株式会社

その他の情報

関連特許
国内 【有】
国外 【有】   
Copyright © 2018 INPIT