光学活性アルコール化合物の製法

開放特許情報番号
L2007007556
開放特許情報登録日
2007/11/30
最新更新日
2015/11/10

基本情報

出願番号 特願2006-065702
出願日 2006/3/10
出願人 独立行政法人科学技術振興機構
公開番号 特開2007-238540
公開日 2007/9/20
登録番号 特許第4649645号
特許権者 国立研究開発法人科学技術振興機構
発明の名称 光学活性アルコール化合物の製法
技術分野 有機材料、無機材料
機能 材料・素材の製造、環境・リサイクル対策
適用製品 簡便な操作で得られ、合成化学分野及び医薬化学分野等で広く利用される。
目的 水溶液中で光学活性な配位子有するルイス酸触媒を用いて、メソエポキシドの複素環化合物による不斉開環反応により、光学活性アルコール化合物を高収率かつ高立体選択的に製造する方法を提供する。
効果 環境に負荷を与えずに、水溶液中でメソエポキシドを複素環化合物により不斉開環反応させて光学活性アルコール化合物を効率的に製造でき、その産業的利用価値は極めて大きい。
技術概要
水溶液中又は水と有機溶媒との混合溶媒中で、式(1)(R↑1は、炭素数が3以上のアルキル基又はアリール基;R↑2は、水素原子又は炭素数1〜4のアルキル基等;Xは、−OH又は−SH)で表される配位子又はその対称体とM(OSO↓2R↑3)↓3又はM(OSO↓3R↑3)↓3(MはSc、Y又はランタノイド元素;R↑3は炭素数が6以上の脂肪族炭化水素基、芳香族炭化水素基又はパーフルオロアルキル基)で表されるルイス酸とを混合させて得られる触媒の存在下で、式(2)[R↑4は、(置換)脂肪族炭化水素基、芳香脂族炭化水素基又は複素環基]で表されるエポキシドと、式(3)[Y↑1は=CH−又は=N−;Y↑2は=CR↑7−又は=N−(R↑7は水素原子又は炭化水素基);Zは−NH−、−NR↑8−(R↑8は水素原子以外の炭化水素基)、−O−又は−S−;R↑5及びR↑6は共同して(置換)芳香環又は複素芳香環を形成]で表される複素環化合物とを反応させることにより、式(4)で表される光学活性アルコール化合物を製造する。
イメージ図
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

アピール情報

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT