光学活性4級炭素含有化合物の製法

開放特許情報番号
L2007007555
開放特許情報登録日
2007/11/30
最新更新日
2015/11/10

基本情報

出願番号 特願2006-065981
出願日 2006/3/10
出願人 独立行政法人科学技術振興機構
公開番号 特開2007-238547
公開日 2007/9/20
登録番号 特許第4572372号
特許権者 国立研究開発法人科学技術振興機構
発明の名称 光学活性4級炭素含有化合物の製法
技術分野 有機材料
機能 材料・素材の製造
適用製品 簡便な操作で得られ、合成化学分野及び医薬化学分野等で広く利用される。
目的 β−ケトエステル化合物と活性化された二重結合を有する化合物を反応基質として、高収率かつ高立体選択的に光学活性な四級炭素化合物を合成する方法を提供する。
効果 メチルエステルなど、合成が容易で且つ安定性の高い基質を用いても高収率、高立体選択的に目的物であるマイケル付加体を得ることが可能となり、その産業的利用価値は極めて大きい。
技術概要
水溶液中又は水と有機溶媒との混合溶媒中で、式(1)(R↑1は、炭素数が3以上のアルキル基又はアリール基;R↑2は、水素原子又は炭素数1〜4のアルキル基等;Xは、−OH、又は−SH)で表される配位子又はその対称体とM(OSO↓2R↑3)↓3又はM(N(SO↓2R↑3)↓2)↓3(MはSc、Y、Bi又はランタノイド元素;R↑3は炭素数が1〜6のパーフルオロアルキル基)で表されるルイス酸とを混合させて得られる触媒の存在下で、式(2)[R↑4及びR↑5は(置換)炭素数1〜12の炭化水素基;R↑4とR↑5は共同して炭化水素基から成る環を形成;R↑6は炭素数1〜7の炭化水素基]で表されるβ−ケトエステル化合物と、式(3)[R↑7及びR↑8は水素原子又は(置換)炭素数1〜12の炭化水素基;R↑7とR↑8は共同して環を形成;R↑9はカルボニル基、ニトロ基、シアノ基又はスルホニル基]で表される活性化された二重結合を有する化合物を反応させることにより、式(4)で表される光学活性4級炭素含有化合物を製造する。
イメージ図
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

アピール情報

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT