光学活性1,2−ジアミン化合物の製造方法及び光学活性ニオブ触媒

開放特許情報番号
L2007007545
開放特許情報登録日
2007/11/30
最新更新日
2015/11/10

基本情報

出願番号 特願2006-064310
出願日 2006/3/9
出願人 独立行政法人科学技術振興機構
公開番号 特開2007-238518
公開日 2007/9/20
登録番号 特許第4590607号
特許権者 国立研究開発法人科学技術振興機構
発明の名称 光学活性1,2−ジアミン化合物の製造方法及び光学活性ニオブ触媒
技術分野 有機材料、無機材料
機能 材料・素材の製造
適用製品 簡便な操作で得られ、不斉反応の光学活性配位子等として広く利用される。
目的 光学活性1,2−ジアミン化合物を高収率かつ、高立体選択的に製造する方法及び光学活性ニオブ触媒を提供する。
効果 光学活性な多価アルコールを配位子としたニオブ触媒を用いて、光学活性1,2−ジアミン化合物を高収率かつ、高立体選択的に製造することができ、その産業的利用価値は極めて大きい。
技術概要
ニオブ(X)アルコキシド等のニオブ化合物と、式(1)[R↑1はH、ハロゲン、炭素数が1〜3のパーフルオロアルキル;R↑2は炭素数1〜4のアルキル、炭素数1〜4のアルコシキシ;R↑2が結合しているベンゼン環は更に置換基R↑3(R↑3はH、炭素数1〜4のアルキル、炭素数1〜4のアルコキシ)を有していても良く、mは0〜2のいずれかの整数を示す]で表される光学活性なテトラオール又はその対称体とを有機溶媒中で混合させて得られる反応系中で、式(2)[R↑4、R↑5は(置換)炭化水素基;R↑4とR↑5は結合して環を形成していてもよく、R↑4=R↑5であり、R↑6は(置換)アリール]で表されるアジリジン化合物と、アニリン等の芳香族アミンとを反応させることにより、光学活性1,2−ジアミン化合物を製造する。
イメージ図
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

アピール情報

登録者情報

登録者名称 国立研究開発法人科学技術振興機構

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT