環境汚染物質の人体曝露評価方法

開放特許情報番号
L2007007540
開放特許情報登録日
2007/11/30
最新更新日
2012/1/6

基本情報

出願番号 特願2006-080206
出願日 2006/3/23
出願人 鳥羽 陽
公開番号 特開2007-256044
公開日 2007/10/4
登録番号 特許第4866983号
特許権者 鳥羽 陽
発明の名称 環境汚染物質の人体曝露評価方法
技術分野 化学・薬品、生活・文化
機能 検査・検出、安全・福祉対策
適用製品 環境汚染物質の人体曝露評価システム
目的 人の尿中のニトロ多環芳香族炭化水素類(NPAHs)代謝物を生体指標(バイオマーカー)とする精度の高い環境汚染物質の人体曝露評価方法を提供する。
効果 人が環境汚染物質に曝露された程度を評価するバイオマーカーとしてニトロ多環芳香族炭化水素類代謝物を取り上げ、特に尿中の1−ニトロピレンの代謝物をLC−MS/MS法にて分析することで正確に同定かつ定量分析が可能である。
技術概要
環境汚染物質の1つであるニトロ多環芳香族炭化水素類(NPAHs:Nitropolycyclic aromatic hydrocarbons)が体内に取り込まれた生体指標として、LC−MS/MS(Liquid Chromatography − Mass Spectrometry/Mass Spectrometry)分析法を用いて尿中の1−ニトロピレン(1−Nitropyrene)の代謝物濃度を測定する環境汚染物質の人体曝露評価方法である。人体曝露評価方法はサンプリングした尿を酵素を用いて脱抱合化処理するステップと、ブルーレーヨンに分析対象化合物を吸着及び溶出するステップと、酸性アルミナ固相カートリッジを用いて夾雑物を除去するステップを経た後に、LC−MS/MS分析法を用いて尿中の1−ニトロピレン代謝物濃度を測定する。図に人の尿中のOHNAAPsの同定結果を示す。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT