映像処理装置

開放特許情報番号
L2007007534
開放特許情報登録日
2007/11/30
最新更新日
2007/11/30

基本情報

出願番号 特願2006-101067
出願日 2006/3/31
出願人 独立行政法人情報通信研究機構
公開番号 特開2007-274637
公開日 2007/10/18
発明の名称 映像処理装置
技術分野 情報・通信
機能 制御・ソフトウェア
適用製品 映像処理装置
目的 マルチスペクトル映像、コンピュータグラフィクスとして制作される映像等、様々な映像を共通の環境で扱うことができるようにする。
効果 映像データは画素毎に画像信号と、反射率を推定する行列をもっており、システムで定義されるレンダリングに用いる照明スペクトルから表示用映像データを生成することができる。また、反射率推定行列が画像上の部位別に撮影時の照明が異なっている場合には、部位毎に異なる反射率推定行列を定義することで、正しい反射率を求めることができる。
技術概要
複数のバンドを有する映像データを扱うシステムであって、映像データは画素毎に各バンドの信号値と付加情報とで構成され、付加情報は信号値から被写体の反射率または分光放射輝度を求める手段と照明を特定する情報からなることを前提とし、映像データを読み込む映像入力部と、映像データに付加情報をつけて映像データ記憶部に記憶させる付加情報算出部と、映像データ記憶部の付加情報から反射率等のスペクトルデータと照明スペクトルから表示映像を算出して映像表示部に出力する映像変換部と、で映像処理装置を構成する。付加情報算出部は、被写体の分光反射率データまたは被写体の分光放射輝度データを生成するか、収集する。図に示す映像処理装置は、複数のバンドを有する映像データを扱うシステムである。このシステムは、映像データ入力部1、付加情報算出部2、映像データ記憶部3、映像データ変換部4、映像表示部5、付加情報入力部6、照明環境データ入力部7を含む。図の構成は、コンピュータとモニタを基本構成として実現することができる。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

アピール情報

導入メリット 【 】
改善効果1 更に、部位毎に異なるレンダリング照明を作用させることができ、マルチスペクトル画像を容易に編集または加工できる。種々の環境で撮影あるいは作られた映像であっても、同じ編集ツールで扱うことができる。

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT