高機能性タモ網

開放特許情報番号
L2007007308
開放特許情報登録日
2007/11/30
最新更新日
2007/11/30

基本情報

出願番号 特願2006-120922
出願日 2006/4/25
出願人 岡本 眞一
公開番号 特開2007-289069
公開日 2007/11/8
発明の名称 タモ網
技術分野 生活・文化、有機材料、機械・加工
機能 表面処理、材料・素材の製造
適用製品 釣具
目的 鮎釣りなどで使用するタモ網の網素材の剛性不足による魚取り込み時の網形状の大きな崩れによる釣針の網への絡みの問題や、釣れた魚が網に擦れて傷つき弱らせることや網の耐久性の乏しいことや高価な問題を解決することを目的とする。
効果 網剛性と強度を著しく補強し、かつ網表面を柔らかくて滑らかにできることから魚取り込み時の釣針の網への絡みを防止でき、また魚が網に擦れて弱らせることや網の強度不足の問題も解決でき、また加飾の面でも優れた効果を奏する。
技術概要
 
マルチフィラメントを使用した丈夫な糸などを用いて自動編みで丈夫で安価な網を製造してから、この網の表面に軟質の合成樹脂やゴムを塗布する手段を採用した。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】
対価条件(一時金) 【要】 
対価条件(ランニング) 【要】 

アピール情報

アピール内容 特に鮎のタモ網には高い機能性が要求されるが、従来以上の機能性を付与可能である。
出展実績 なし

登録者情報

登録者名称 岡本 眞一

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT