淡水における海水魚の成長

開放特許情報番号
L2007007277
開放特許情報登録日
2007/11/22
最新更新日
2009/2/13

基本情報

出願番号 特願2002-533668
出願日 2001/10/11
出願人 株式会社白寿生科学研究所
公開番号 WO2002/030215
公開日 2002/4/18
登録番号 特許第4230766号
特許権者 株式会社白寿生科学研究所
発明の名称 淡水における海水魚の成長
技術分野 食品・バイオ
機能 材料・素材の製造
適用製品 淡水において海水魚を成長させる方法、淡水に海水魚を移す方法
目的 多価カチオン感受性レセプター(PVCR)と呼ばれるレセプターの発現を増大または維持することによる、淡水において海水魚を成長させる方法の提供。
効果 PVCRのモジュレートされるか、もしくは維持される発現および/またはPVCRの感受性の改変により、これらの海水魚が淡水中で生存し、かつ成長することが可能になる。
技術概要
 
この技術では、淡水において海水魚を成長させる方法は、少なくとも1つの多価カチオン感受性レセプター(PVCR)モジュレーターを、1つ以上の組織において少なくとも1つのPVCRの発現および/または感受性をモジュレートするか、もしくは維持するのに十分な量で淡水に添加する工程を含むと共に、淡水に海水魚を移す工程を含み、ならびに魚が摂取するための飼料を改変した淡水に添加する工程を含み、ここで飼料は海水魚の血清においてPVCRモジュレーターのレベルをモジュレートするか、または維持するために十分寄与する量のNaClを含むものとする。有用なPVCRモジュレーターとしては、二価カチオン、三価カチオン、アミノグリコシド、有機ポリカチオン、アミノ酸、I型カルシミメティック(Calcimimetic)、II型カルシミメティック、1,25ジヒドロキシビタミンD、サイトカイン、およびマクロファージ走化性ペプチド−1が挙げられる。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【有】
国外 【有】   
Copyright © 2018 INPIT