外力検出装置及びこれを用いた防犯システム

開放特許情報番号
L2007007243
開放特許情報登録日
2007/11/22
最新更新日
2007/11/22

基本情報

出願番号 特願2005-072979
出願日 2005/3/15
出願人 横河電子機器株式会社
公開番号 特開2006-258463
公開日 2006/9/28
発明の名称 外力検出装置及びこれを用いた防犯システム
技術分野 電気・電子
機能 検査・検出
適用製品 外力検出装置、防犯システム
目的 配線の複雑化を招くことなく複数箇所における検出を可能とすると共に、配線の長距離化が可能な外力検出装置の提供。
効果 センサ毎に配線を敷設する必要がなくなるので、配線の複雑化が防止される。また、各光センサにおける測定光に対する光損失量をそれぞれ異なるように設定したので、受光した出力光の光損失量から、いずれ光センサに外力が作用したかを容易に検出することが可能となる。
技術概要
この技術では、外力検出装置が、光源からの測定光を伝送する伝送用光ファイバに直列かつ離散的に設けてなると共に、外力の作用によって測定光に対してそれぞれ異なる光損失量を与える複数の光センサを有する多点検出部を備えると共に、多点検出部から射出する出力光と測定光の強度差に基づいて、外力が作用した光センサを求める演算処理部を備えるようにする。また、外力検出装置が、光源からの測定光を伝送する伝送用光ファイバに直列かつ離散的に設けてなると共に、外力の作用によって測定光に対してそれぞれ異なる光損失量を与える複数の光センサを有する複数の多点検出部を備えると共に、複数の多点検出部が接続すると共に、測定光を複数の多点検出部のいずれかに入射させる第二光分岐器を備え、複数の多点検出部のいずれかから射出する出力光と測定光の強度差に基づいて、外力が作用した光センサを求める演算処理部を備えるようにする。
実施実績 【試作】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT