水槽

開放特許情報番号
L2007007201
開放特許情報登録日
2007/11/16
最新更新日
2010/3/19

基本情報

出願番号 特願2004-230878
出願日 2004/8/6
出願人 住吉 正義
公開番号 特開2006-042715
公開日 2006/2/16
登録番号 特許第3959080号
特許権者 住吉和司
発明の名称 水槽
技術分野 機械・加工
機能 機械・部品の製造
適用製品 魚介類等の飼育、鑑賞の趣向性の向上した水槽
目的 設置場所の制約を緩和し、単純な構造でかつ比較的安価で、魚介類等の飼育、鑑賞の趣向性を向上させる事の出来る水槽を提供する。
効果 空気溜まり部の上面部に、水を堰き止めるための堰を設けて、その堰内を水溜りとし、空気と触れることを好む貝類などの生物の飼育等にも好適に使用する事が出来る。
技術概要
主水槽21と副水槽41とからなり、主水槽の開口を天地方向上側に向け、副水槽の流入出口71を主水槽内に位置させ、副水槽41の天井部を主水槽21の高さよりも高く位置させる。主水槽21を満水にし排気ポンプ48を運転させ主水槽21内の水の自由面81の水位を下げ、副水槽41内の水の自由面91、92、93、94の水位を上昇させる。副水槽内41において上昇する水面によって封止される空気溜まり部57を流入出口71から天井部に向かう方向に沿って段階をつけて複数の空気溜まり部58、59を設け、副水槽内の空気を副水槽外へ排気するための排気口47を天井部に設け、排気口47にパイプ49を接続する。排気ポンプ48の運転に伴って水の自由面94の水位を上昇させ、自由面94が適宜の水位に到達したときに、排気ポンプ48の運転を停止させる。この状態で副水槽41の上部空間101は、減圧状態が維持され水の自由面91〜94の水位は下がらず、主水槽21における水の自由面81が副水槽41の流入出口71よりも上方にあるように外部から適宜量の水を注入するのが好ましい。
イメージ図
実施実績 【有】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

登録者名称 住吉 正義

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT