LCフィルタ付三相PWMインバータの制御方法、及び同方法に従って動作するインバータ装置

開放特許情報番号
L2007006531 この特許が掲載されている活用例集をご覧頂けます
開放特許情報登録日
2007/10/26
最新更新日
2007/10/26

基本情報

出願番号 特願2005-324281
出願日 2005/11/9
出願人 学校法人同志社
公開番号 特開2007-135280
公開日 2007/5/31
発明の名称 LCフィルタ付三相PWMインバータの制御方法、及び同方法に従って動作するインバータ装置
技術分野 電気・電子
機能 制御・ソフトウェア
適用製品 直流電源、三相電圧型インバータ、交流LCフィルタ、PWMインバータのディジタル制御系の直列補償器
目的 簡単でありながら、不平衡負荷にも対応でき、かつ出力電圧範囲を拡大可能なLCフィルタ付三相PWMインバータの制御方法、及び同方法に従って動作するインバータ装置の提供。
効果 シンプルでありながら、不平衡負荷にも対応でき、かつ出力電圧範囲を拡大可能なLCフィルタ付三相PWMインバータの制御方法、及び同方法に従って動作するインバータ装置を提供することができる。
技術概要
本技術のLCフィルタ付三相PWMインバータの制御方法は、直流電源と三相電圧型インバータと交流LCフィルタと被駆動負荷とからなる三相PWMインバータの制御方法であって、三相の内の二相のインバータ出力電圧を予め定められた任意の制御側に従って独立に制御し、残り一相のインバータ出力電圧については二相のインバータ出力により従属的に制御すると共に、さらに、三相電圧形インバータのu,v,w各相への規格化入力u↓u,u↓v,u↓wを−1≦u↓j’=u↓j−d≦1(j=u、v、w)となる様に調整値dを付加して調整し、u,v,w各相への指令値を適宜同じレベルシフトさせることにより、出力電圧範囲を拡張して制御可能にする。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

登録者名称 学校法人同志社

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT