高分子材料の改質方法およびその用途

開放特許情報番号
L2007006519
開放特許情報登録日
2007/10/26
最新更新日
2007/10/26

基本情報

出願番号 特願2001-548599
出願日 2000/12/28
出願人 金澤 等
公開番号 WO2001/048065
公開日 2001/7/5
登録番号 特許第3729130号
特許権者 金澤 等
発明の名称 高分子材料の改質方法およびその用途
技術分野 繊維・紙、生活・文化
機能 材料・素材の製造、表面処理
適用製品 高分子材料の強度、フィルム、不織布、自動車部品、電気機器部品
目的 親水性を付与した高分子材料を製造することができるが、この方法では処理する高分子材料の種類に限界があることに鑑み、材料の強度低下を伴わず、かつ耐久性に優れ、吸水性、親水性、接着性等を付与する高分子材料の改質方法の提供。
効果 この方法で改質された高分子材料は、親水性、吸水性、保水性、接着性、耐薬品性などが大幅に改善され、その特性を活かして、各種用途に適用することが可能となる。また接着性にも優れているため、一般的な接着剤、例えば、でんぷん、ポリ酢酸ビニル、ポリビニルアルコール、エポキシ樹脂系、ポリシアノアクリレート等によって、紙、木材、金属等に接着し得る。接着性を必要とする各種材料に適用できる。
技術概要
 
この技術は、溶剤処理、活性化処理、親水性高分子処理および単量体のグラフト化を組み合わせることが有効であることに基づく。高分子材料を、(1)活性化処理する工程および(2)触媒または開始剤の存在下に親水性高分子で処理する工程の順に処理する高分子材料の改質方法とする。高分子材料を、(1)活性化処理する工程、(2)触媒または開始剤の存在下に親水性高分子で処理する工程および(3)単量体のグラフト化工程の順に処理することもできる。高分子材料とは、合成高分子および天然高分子などの各種高分子の単独材料、混合材料もしくはこれらの改質物、またはこれらの高分子材料と、ガラス、金属、炭素材料等との混合または複合により得られた材料に含まれる高分子材料を意味する。
実施実績 【試作】   
許諾実績 【有】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

登録者名称 金澤 等

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【有】   
Copyright © 2018 INPIT