キーワード強調装置及びプログラム

開放特許情報番号
L2007006109
開放特許情報登録日
2007/9/28
最新更新日
2015/8/20

基本情報

出願番号 特願2006-028325
出願日 2006/2/6
出願人 独立行政法人情報通信研究機構
公開番号 特開2007-207161
公開日 2007/8/16
登録番号 特許第4831737号
特許権者 国立研究開発法人情報通信研究機構
発明の名称 キーワード強調装置及びプログラム
技術分野 電気・電子、情報・通信
機能 機械・部品の製造、制御・ソフトウェア
適用製品 強調表示、疑問詞、回答部分、キーワード入力に対する検索結果の強調表示システム
目的 タイトルが質問文となり本文が回答文となったものにおいて、回答文の中で質問の疑問詞に対応する部分を強調表示できるものではなかったことに鑑み、表示された回答文書の中で本当に知りたい疑問詞に対応する表示部分を容易に見つけるようにすることの実現。
効果 表示手段で、取り出した疑問詞に後接していた名詞又は接尾辞を回答の記事において強調表示するため、表示された回答文書の中で本当に知りたい疑問詞に対応する表示部分を容易に見つけることができる。表示手段で、数字と取り出した所定の名詞又は所定の接尾辞のうち少なくとも一つを回答の記事において強調表示するため、表示された回答文書の中で本当に知りたい疑問詞に対応する回答(数字)の表示部分を容易に見つけることができる。
技術概要
この技術は、質問とその回答の記事のセットを入力する入力手段と、質問の文から疑問詞に後接する名詞又は疑問詞に後接する接尾辞を取り出す疑問詞後接語抽出手段と、回答の記事において取り出した疑問詞に後接していた名詞又は接尾辞を強調表示する表示手段とを備える。このため、表示された回答文書の中で本当に知りたい疑問詞に対応する表示部分を容易に見つけることができる。さらに、質問とその回答の記事のセットを入力する入力手段と、質問の文から疑問詞に後接する数字と結合できる所定の名詞又は疑問詞に後接する数字と結合できる所定の接尾辞を取り出す疑問詞後接語抽出手段と、回答の記事において数字と取り出した所定の名詞又は所定の接尾辞のうち少なくとも一つを強調表示する表示手段とを備えると、表示された回答文書の中で本当に知りたい疑問詞に対応する回答(数字)の表示部分を容易に見つけることができる。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT