信号伝送ケ−ブル

開放特許情報番号
L2007006020
開放特許情報登録日
2007/9/21
最新更新日
2007/9/21

基本情報

出願番号 特願平09-323035
出願日 1997/11/25
出願人 株式会社日立製作所
公開番号 特開平11-162265
公開日 1999/6/18
登録番号 特許第3713136号
特許権者 株式会社日立製作所
発明の名称 信号伝送ケーブル
技術分野 電気・電子
機能 機械・部品の製造
適用製品 信号伝送ケ−ブル
目的 0と1からなる信号列を伝送する信号線と、その信号線と反転した信号列を伝送する信号線をペアとする差動伝送線路において、放射ノイズを抑制する信号伝送ケーブルを提供する。
効果 以上述べたように、本発明によれば、フラットケーブルの差動線路を同一層に配置することができ、差動線路の平衡を保つことができる。
技術概要
 
フラットケーブル200に接続されるコネクタ210において、差動信号線231〜246を、時計回り方向に順にコネクタ端子に接続し、コネクタ220の端子には、差動信号線231〜246を反時計回りの方向に順に接続する。差動信号線を同一信号層内で配線する。信号層201の両面には、絶縁層205および207を形成し、さらに、グランド層202及び絶縁層206を形成する。差動信号線の+線と−線の平衡を保つことにより、コモンモードノイズの放射を抑制することができる。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】
実施権条件 特許通常実施権の許諾(非独占)

登録者情報

登録者名称 株式会社日立製作所

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT