現金自動取引装置

開放特許情報番号
L2007005994
開放特許情報登録日
2007/9/21
最新更新日
2007/9/21

基本情報

出願番号 特願平09-242399
出願日 1997/9/8
出願人 株式会社日立製作所
公開番号 特開平10-149474
公開日 1998/6/2
登録番号 特許第3690080号
特許権者 株式会社日立製作所
発明の名称 現金自動取引装置
技術分野 機械・加工
機能 制御・ソフトウェア
適用製品 現金自動取引装置
目的 入金取り引き取り消し時や紙詰まり時のトラブル及び出金時のリジェクト券発生に伴う装置内の使用可能枚数不明状態に対応可能な現金自動取引装置を提供する。
効果 以上のように、本発明によれば、入金時に紙幣の特徴を抽出して記憶するので、入金取り引き取り消し時の枚数や種類が異なるという顧客のクレームにも対応しやすくなる。また、入金紙幣のうちで還流できる紙幣は鑑別処理後すぐに収納庫に収納されるので入金処理を高速に実行することができる。さらに、非還流紙幣を含むサイズが不定な紙幣を分離するのは入金時のみであるので、特に、金種毎にサイズが大きく異なる紙幣を高信頼に取り扱うことができる。
技術概要
 
紙幣の特徴を特徴抽出手段4で抽出し記憶手段5に記憶しておき、顧客が入金した紙幣と返却した紙幣が同一であるか確認できるようにする。また、紙詰まりを生じやすい非還流紙幣と還流紙幣とに分離し、非還流紙幣は一部重なった状態で一時収納手段9にスタックして、その状態のまま取引中止時には入出金口2へ取引成立時には収納庫10へ搬送する。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】
実施権条件 特許通常実施権の許諾(非独占)

登録者情報

登録者名称 株式会社日立製作所

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT