アクテイブマトリクス液晶表示装置

開放特許情報番号
L2007005962
開放特許情報登録日
2007/9/21
最新更新日
2007/9/21

基本情報

出願番号 特願平10-305013
出願日 1998/10/27
出願人 株式会社日立製作所
公開番号 特開2000-131714
公開日 2000/5/12
登録番号 特許第3661443号
特許権者 株式会社日立製作所
発明の名称 アクティブマトリクス液晶表示装置
技術分野 電気・電子
機能 機械・部品の製造
適用製品 アクテイブマトリクス液晶表示装置
目的 低消費電力で表示輝度の均一性が高く、高コントラストな高視野角のアクティブマトリクス液晶表示装置を得る。
効果 対向基板に設けるBMを削除または小型化することができるために、開口率が向上し、基板が平坦化する。そして、開口率の向上により消費電力が低減し、基板の平坦化によってセルギャップの均一性が向上すると共に所定のセルギャップの形成に必要なビーズの数が減少するためにコントラストが向上する。また、光漏れの原因となるビーズを用いずに、TFT基板上に設けた柱状のスペーサを用いてセルギャップを形成することにより、セルギャップの均一性とコントラストを共に向上させることができる。
技術概要
 
共通配線レス(コモンレス)のIPS方式のアクティブマトリクス液晶表示装置において、信号配線103及びTFTの上方に絶縁層を介して対向電極107を配置し、この対向電極及び走査配線101により信号配線若しくはTFTを覆って遮光することにより、BMの削除または小型化と基板の平坦化を実現し、開口率とセルギャップの均一性を向上する。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】
実施権条件 特許通常実施権の許諾(非独占)

登録者情報

登録者名称 株式会社日立製作所

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT