内燃機関用点火コイル

開放特許情報番号
L2007005882
開放特許情報登録日
2007/9/21
最新更新日
2010/6/4

基本情報

出願番号 特願平10-252621
出願日 1998/9/7
出願人 株式会社日立製作所
公開番号 特開2000-091144
公開日 2000/3/31
登録番号 特許第3604917号
特許権者 日立オートモティブシステムズ株式会社
発明の名称 内燃機関用点火コイル
技術分野 機械・加工
機能 機械・部品の製造
適用製品 内燃機関用点火コイル
目的 小形・高出力でかつ信頼性とくに絶縁性能に優れ、組立性にも優れた内燃機関用点火コイルを提供する。
効果 以上詳述したように、本発明によれば、内二次コイル構造式点火コイルの二次ボビンにセンタコアに対するセンタリング構造の突起やセンタリング治具を用いることなく、センタコアを挿入した時点で自ずとセンタリングが行なわれ、しかも、熱応力緩和に優れ、磁気振動等の専用の緩衝部材や可撓性エポキシ樹脂注入及び二次ボビン底穴封止作業を廃止でき、組立作業の合理化及びコスト低減を図ることができる。したがって、小形・高出力でかつ信頼性とくに絶縁性能に優れた内燃機関用点火装置を提供することができる。
技術概要
 
センタコア1およびマグネット10を、少なくとも一端から軸に沿った表面にかけて予め弾性を有するモールド成形体(シリコンゴムまたは軟質エポキシ樹脂)9で覆う、これを二次ボビン4に内挿した後、コイルケース6全体の空隙のある個所に熱硬化性絶縁樹脂8を充填させる。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】
実施権条件 特許通常実施権の許諾(非独占)

登録者情報

登録者名称 株式会社日立製作所

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT