ル−プ飛び出し文を含むル−プに対する配列サマリ解析方法

開放特許情報番号
L2007005807
開放特許情報登録日
2007/9/21
最新更新日
2007/9/21

基本情報

出願番号 特願平09-348471
出願日 1997/12/3
出願人 株式会社日立製作所
公開番号 特開平11-167492
公開日 1999/6/22
登録番号 特許第3539613号
特許権者 株式会社日立製作所
発明の名称 ループ飛び出し文を含むループに対する配列サマリ解析方法
技術分野 情報・通信
機能 制御・ソフトウェア
適用製品 ル−プ飛び出し文を含むル−プに対する配列サマリ解析システム
目的 ソースプログラムから目的プログラムを生成する言語処理系において、ループ飛び出し文を含むループに対して配列サマリ解析の精度を向上し、配列プライベート化の適用性を向上する。
効果 本発明により、ループ飛び出し文を含むループに対して配列サマリ解析の精度が向上し、配列プライベート化の適用性が向上する。これにより、ループ並列化可能となるループが増大し、プログラムの実行速度が向上する。
技術概要
 
ループ飛び出し文およびループ飛び出し時のループ制御変数の値をスカラ変数に設定する文がループ内に含まれる場合には、ループの本体の配列サマリにおいてループ制御変数の上限をこのスカラ変数で置き換え、この結果から変数消去法でループ制御変数を消去した結果をループの配列サマリとすることにより、近似無しで配列サマリを計算する。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】
実施権条件 特許通常実施権の許諾(非独占)

登録者情報

登録者名称 株式会社日立製作所

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT