スピロケタール化合物の開環重合体、この開環重合体の製造法及びこの開環重合体を用いた組成物

開放特許情報番号
L2007005522
開放特許情報登録日
2007/9/21
最新更新日
2007/9/21

基本情報

出願番号 特願2000-317995
出願日 2000/10/18
出願人 日立化成工業株式会社
公開番号 特開2002-121275
公開日 2002/4/23
発明の名称 スピロケタール化合物の開環重合体、この開環重合体の製造法及びこの開環重合体を用いた組成物
技術分野 有機材料、電気・電子
機能 材料・素材の製造
適用製品 簡便な操作で得られ、成形材料、注型材料、封止材、積層板又は接着剤用の材料として電子、電気及び光分野等に広く利用される。
目的 重合による体積変化が小さく、かつ耐加水分解性を有する重合体、この重合体の製造法及びこの重合体を用いた組成物を提供する。
効果 開環重合体又はこれを含有する組成物を成形材料等に用いた場合、精度、接着力及びその他の特性の向上が期待でき、その工業的利用価値は極めて大きい。
技術概要
式(I)[X↑1、X↑2は酸素原子、硫黄原子;R↑1、R↑2はH、(置換)C↓6↓〜↓2↓0アリール;k、l、m、nは1〜6の整数;pは1以上の整数]で示されるスピロケタール化合物の開環重合体、または式(II)で示されるスピロケタール化合物の開環重合体である。尚、式(III)で示されるスピロケタール化合物を開環重合させることにより、式(I)で示されるスピロケタール化合物の開環重合体を製造し、式(V)で示されるスピロケタール化合物を開環重合させることにより、式(II)で示されるスピロケタール化合物の開環重合体を製造する。更に、開環重合体を必須成分として含有してなる組成物を製造する。また、重合触媒が三フッ化ホウ素エーテル錯体、トリフルオロメタンスルホン酸、トリフルオロメタンスルホン酸メチル及び四塩化錫の少なくとも1種である。
イメージ図
実施実績 【試作】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【有】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT