コーヒー属植物の形質転換体の作成方法、形質転換コーヒー植物

開放特許情報番号
L2007004918
開放特許情報登録日
2007/9/7
最新更新日
2008/6/13

基本情報

出願番号 特願平11-347812
出願日 1999/12/7
出願人 奈良先端科学技術大学院大学長
公開番号 特開2000-245485
公開日 2000/9/12
登録番号 特許第3286733号
特許権者 国立大学法人奈良先端科学技術大学院大学
発明の名称 コーヒー属植物の形質転換体の作成方法、形質転換コーヒー植物
技術分野 食品・バイオ
機能 食品・飲料の製造
適用製品 遺伝子形質転換によるトランスジェニックコーヒー植物の作成
目的 コーヒー属植物の安定な形質転換体を作成する方法の提供。
効果 本技術により、胚発生能を持つカルスより、アグロバクテリウム法を用いて、コーヒー属植物の安定な形質転換体を作成する方法を提供することができる。
技術概要
 
この技術では、胚発生能を持つカルスを用いて、アグロバクテリウム法によるコーヒーカネフォーラ(C.canephora)の形質転換を行う。ベーターグルクロニダーゼとハイグロマイシン耐性の遺伝子を持つバイナリーベクター(pIG121Hm)を持つアグロバクテリウムツメファシエンスEHA101系統を、胚形成能のあるカルスに感染させる。ハイグロマイシン濃度を段階的に高くすることによりカルスの選抜を行う。形質転換したと推定されるカルスより体細胞胚が生成し、芽と根を有する小さな再分化幼植物が得られた。ハイグロマイシンとカナマイシンを含有する培地により、形質転換植物の最終的な選択を行った。そのようにして選択された幼植物の葉と根は強力なベーターグルクロニダーゼ活性を示し、それらは安定な形質転換体であり、正常に生長している。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【有】   
Copyright © 2017 INPIT