疑似乱数生成装置またはそれを用いた暗号復号処理装置

開放特許情報番号
L2007004809
開放特許情報登録日
2007/9/7
最新更新日
2007/9/7

基本情報

出願番号 特願2001-274433
出願日 2001/9/11
出願人 株式会社日立製作所
公開番号 特開2003-037482
公開日 2003/2/7
登録番号 特許第3724399号
特許権者 株式会社日立製作所
発明の名称 疑似乱数生成装置またはそれを用いた暗号復号処理装置
技術分野 情報・通信
機能 制御・ソフトウェア
適用製品 疑似乱数生成装置
目的 ソフトウェアによる高速実行可能であり、かつ、ハードウェアでの現実的な実装が可能な疑似乱数を生成する装置を提供する。
効果 ソフトウェア、ハードウェアいずれにおいても実装コストがかからず実用的な、さらに高速に動作可能な疑似乱数生成技術を提供できる。
技術概要
 
疑似乱数生成装置が備えるバッファとステートのうち、ステートについて、(i)データ処理の単位長をnとしたとき、ステートの大きさが3×nビットであり、バッファ容量が32×nビットであり、(ii)クロック制御により、時刻tから時刻t+1へのステートの状態変更を行うためのステート変換部(ステート変換関数)が、(nビット入力、nビット出力)の非線形関数Fを2回、または異なる二つの非線形関数F,Gを一回ずつ使う、という構成を提供する。ステート変換部は、暗号学的安全性と実装について十分に評価されたブロック暗号の段関数などの非線形関数の採用が可能な構成を備える。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】
実施権条件 特許通常実施権の許諾(非独占)

登録者情報

登録者名称 株式会社日立製作所

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT