自動車の動力伝達装置

開放特許情報番号
L2007004718
開放特許情報登録日
2007/9/7
最新更新日
2010/6/4

基本情報

出願番号 特願2001-383289
出願日 2001/12/17
出願人 株式会社日立製作所
公開番号 特開2003-079005
公開日 2003/3/14
登録番号 特許第3621916号
特許権者 日立オートモティブシステムズ株式会社
発明の名称 自動車の動力伝達装置
技術分野 輸送
機能 環境・リサイクル対策
適用製品 自動車の動力伝達装置
目的 エンジン,歯車式変速機及び複数のモータを備えた自動車の動力伝達装置において、変速中に要求されるモータのトルクを小さくしてモータの小型化を図り、燃費低減と運転性能の両立を図る。
効果 エンジンと、前記エンジンから第1摩擦クラッチを介して動力が伝達される第1入力軸と、前記エンジンから第2摩擦クラッチを介して動力が伝達される第2入力軸と、前記第1入力軸と出力軸との間及び前記第2入力軸と出力軸との間に設けられた複数の歯車列と、前記歯車列に設けられた噛み合いクラッチとを有する歯車式変速機と、前記第1入力軸に接続された第1モータと、などにより種々の運転モードを実現し、かつ前記モータの小型化が可能なため、動力伝達装置の小型、軽量化による燃費低減と運転性能の両立を図ることができる。
技術概要
 
歯車式変速機100は、エンジン1から第1摩擦クラッチ25を介して動力が伝達される第1入力軸23と、エンジン1から第2摩擦クラッチ26を介して動力が伝達される第2入力軸24と、第1入力軸23と出力軸27との間及び第2入力軸24と出力軸27との間に複数の歯車列を有する。第1入力軸23と第2入力軸24にはそれぞれ第1モータ29と第2モータ30が接続されており、上記2つのモータから複数の歯車列を介して出力軸27に動力が伝達される。よって、前記歯車列に設けられた噛み合いクラッチを切り換える際に、要求されるモータの最大トルクを小さくすることができる。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】
実施権条件 特許通常実施権の許諾(非独占)

登録者情報

登録者名称 株式会社日立製作所

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT