ワイヤロ−プとそれを用いたエレベ−タ

開放特許情報番号
L2007004373
開放特許情報登録日
2007/8/31
最新更新日
2007/8/31

基本情報

出願番号 特願2000-077776
出願日 2000/3/15
出願人 株式会社日立製作所
公開番号 特開2001-262482
公開日 2001/9/26
登録番号 特許第3724322号
特許権者 株式会社日立製作所
発明の名称 ワイヤロープとそれを用いたエレベータ
技術分野 輸送
機能 安全・福祉対策
適用製品 エレベ−タ
目的 シーブ径を減少させた場合に、ロープの寿命・強度の低下を抑制して、安全性と信頼性を確保したエレベーターを提供する。
効果 本発明は、以上説明したように構成されているため、エレベータのシーブを小径化した場合、懸念されるロープ寿命の低下を抑制、あるいは、向上させることができる。このため、モータ、巻き上げ機をはじめとした機器の小型、軽量化、エレベータ設置の省スペース化、および、ロープ寿命の増加によるシステムの安全性、信頼性の向上が図られる。
技術概要
 
ワイヤロープを構成する複数の素線それぞれに、樹脂材料が被覆され、ワイヤロープ全体に樹脂材料が被覆された構造のロープを用い、シーブ巻き掛け時に生じる素線相互の滑りによる摩耗、および、シーブとの接触による摩耗を低減させる。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】
実施権条件 特許通常実施権の許諾(非独占)

登録者情報

登録者名称 株式会社日立製作所

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT