永久磁石式回転電機及びそれを用いたハイブリツト電気自動車

開放特許情報番号
L2007004368
開放特許情報登録日
2007/8/31
最新更新日
2010/6/4

基本情報

出願番号 特願2000-063277
出願日 2000/3/3
出願人 株式会社日立製作所
公開番号 特開2001-251827
公開日 2001/9/14
登録番号 特許第3523557号
特許権者 日立オートモティブシステムズ株式会社
発明の名称 永久磁石式回転電機及びそれを用いたハイブリット電気自動車
技術分野 輸送
機能 環境・リサイクル対策
適用製品 ハイブリツト電気自動車
目的 ハイブリット電気自動車にも好適な永久磁石回転電機のトルク脈動又はコギングトルクを低減し、もしくは、無負荷誘起電圧波形を正弦波とする。
効果 本発明になる永久磁石式回転電機によれば、トルク脈動、コギングトルク、あるいは、無負荷誘起電圧波形の歪みによる振動や騒音を、適宜、選択的に低減することが可能であり、特に、エンジンと電動機とが同一の駆動軸に直結される構造となるハイブリット電気自動車において採用するに好適な永久磁石式回転電機が得られ、さらに、これをハイブリット電気自動車を搭載することにより、快適なハイブリット電気自動車を提供することが可能になる。
技術概要
 
突極集中巻線を有する固定子1と、回転ギャップ5を介して配置され、複数の永久磁石8が内部に周方向に配置固定され、かつ、その間に補助突極61を有する回転子とからなる永久磁石回転電機であって、その回転子の極数と前記固定子のスロット数との比が2:3であり、かつ、固定子のスロットピッチをτs(電気角)としたとき、永久磁石の固定子側の面の周方向幅が前記回転子の軸に対してなす角度θ(電気角)を、θ≒n×τs/2+8×m(n=1もしくは2、m=1、2もしくは3)とし、適宜、脈動トルク、コギングトルク、あるいは、無負荷誘起電圧の波形歪みを、選択的に低減することを可能にする。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】
実施権条件 特許通常実施権の許諾(非独占)

登録者情報

登録者名称 株式会社日立製作所

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT