電力変換装置

開放特許情報番号
L2007004360
開放特許情報登録日
2007/8/31
最新更新日
2010/6/4

基本情報

出願番号 特願2000-055954
出願日 2000/2/28
出願人 株式会社日立製作所
公開番号 特開2001-245466
公開日 2001/9/7
登録番号 特許第3598933号
特許権者 日立オートモティブシステムズ株式会社
発明の名称 電力変換装置
技術分野 電気・電子
機能 制御・ソフトウェア
適用製品 電力変換装置
目的 IGBTやMOSFETの高速スイッチング時に発生する過大サージ電圧を低い値に抑制する。また、サージ抑制後の高周波振動を抑制する。
効果 半導体スイッチング素子の最大定格を超える過大なキックバック電圧を迅速にクランプができるため、スイッチング素子の定格電圧に過大なマージンを持たせる必要がない。このため従来よりオン抵抗の小さいスイッチング素子を使用でき、小形安価でターンオン損失の小さい電力変換装置を実現できる効果がある。また、本実施例を用いた電力変換装置ではスイッチング波形の高周波電圧振動を十分小さいレベルに抑制できるため、周辺の電子回路や機器に悪影響を及ぼすEMIノイズの少ない装置を実現できる効果がある。
技術概要
 
スイッチング素子に付加される能動クランプ回路に帰還パスの高速化手段を設ける。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】
実施権条件 特許通常実施権の許諾(非独占)

登録者情報

登録者名称 株式会社日立製作所

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT