従来の引戸を利用して製作することが可能な自動引戸装置

開放特許情報番号
L2007004280
開放特許情報登録日
2007/8/31
最新更新日
2013/8/1

基本情報

出願番号 特願2000-338088
出願日 2000/11/6
出願人 パナソニック電工株式会社
公開番号 特開2002-081263
公開日 2002/3/22
登録番号 特許第3671833号
特許権者 パナソニック電工株式会社
発明の名称 自動引戸装置
技術分野 土木・建築
機能 機械・部品の製造
適用製品 住居等に内装する引戸扉を自動的に開閉させる為の自動引戸装置に関する。
目的 専用コードを内装することなく、また新たに専用の引戸を製作することなく従来の引戸を利用して製作することのできる、不要な開閉を防止する機能を有した自動引戸装置を提供する。
効果 多様なデザインの引戸を一から製作する必要がなく、ユーザーのセンサ機能追加等のプラン変更にも容易に対処することができる。
技術概要
本発明に係る自動引戸を、操作リモコンが発するリモコン信号を受信して自動引戸装置の制御部に扉開信号を出力する為のリモコン信号受信部を有すると共に、測距センサによる人体検知部と、人体検知部が人体を検知した場合に制御部に扉開信号を出力させる為のリモコン信号をリモコン信号受信部に送信するリモコン信号発信部とを備え、上記リモコン信号受信部を、操作リモコンから発するリモコン信号の受信用とリモコン信号発信部から発するリモコン信号の受信用とで兼用することを特徴とする自動引戸装置とする。これにより操作リモコンを使用した場合のみならず人体検知部が人体を検知した場合にも、扉開信号を制御部に出力させる為のリモコン信号がリモコン受信部に送信される。
実施実績 【試作】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT