キクガシラコウモリ由来細胞株

開放特許情報番号
L2007004017
開放特許情報登録日
2007/8/31
最新更新日
2009/12/18

基本情報

出願番号 特願2008-078313
出願日 2008/3/25
出願人 国立大学法人山口大学
公開番号 特開2008-263964
公開日 2008/11/6
発明の名称 コウモリ由来細胞株
技術分野 食品・バイオ
機能 検査・検出
適用製品 ウイルス感染症の予防あるいは治療用医薬品、ウイルス感染症の診断、抗ウイルス剤のスクリーニング方法
目的 ウイルスと同じ宿主由来のコウモリ由来の長期継代が可能な細胞を提供し、ウイルスの感染仕組みの解明、あるいはウイルスワクチン製造のためのウイルスの複製方法などを提供する。
効果 発明のコウモリ由来の増殖に適した本細胞は、コウモリ由来ウイルスの研究のみならず、コウモリ由来のワクチンの製造や、ウイルス感染症の診断にも役立つことが期待される。
技術概要
 
ウイルスと同じ宿主由来のキクガシラコウモリ腎臓に由来する細胞であって、SV40ラージ抗原遺伝子を導入した長期継代可能な細胞株を提供する。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【否】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT