発泡樹脂細骨材を使用した曲げ応力を受ける鉄筋コンクリート部材

開放特許情報番号
L2007004015
開放特許情報登録日
2007/8/31
最新更新日
2011/11/4

基本情報

出願番号 特願2007-070872
出願日 2007/3/19
出願人 国立大学法人山口大学
公開番号 特開2008-254933
公開日 2008/10/23
登録番号 特許第4830113号
特許権者 国立大学法人山口大学
発明の名称 発泡樹脂細骨材を使用した曲げ応力を受ける鉄筋コンクリート部材
技術分野 土木・建築
機能 材料・素材の製造
適用製品 建築、土木分野
目的 曲げ応力を受ける鉄筋コンクリートの必要強度を維持しつつ軽量化可能な鉄筋コンクリート部材を提供する。
効果 本発明の鉄筋コンクリート部材は,曲げ応力が直線分布する特質を利用して部材 の領域に応じて発泡樹脂細骨材の混入割合を変化させるので,軽量化を合理的 に図ることができ,現場施工であっても容易に対応することができる。また,従来のよう に積層のためのずれ止めが不要となるとともに,断熱性能の高い部材が得られる。
技術概要
 
本発明は,部材に作用する曲げ応力の特質に着目し,EPS混入率に傾斜を設ける。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【否】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT