パルスレーザーによる物質生成方法

開放特許情報番号
L2007004012
開放特許情報登録日
2007/8/31
最新更新日
2012/7/27

基本情報

出願番号 特願2007-057725
出願日 2007/3/7
出願人 国立大学法人山口大学
公開番号 特開2008-214170
公開日 2008/9/18
登録番号 特許第4945758号
特許権者 国立大学法人山口大学
発明の名称 パルスレーザーによる物質生成方法
技術分野 有機材料
機能 材料・素材の製造
適用製品 2種々の炭素含有物質、石墨炭素、不定形炭素、マイクロダイヤモンド、炭酸カルシウム、ドロマイト、マグネサイト、シデライト、非化学量論的物質の生成
目的 地球上に自然に存在する炭酸塩含有物質から、種々の粉末状炭素含有物質を生成する方法を提供する。
効果 @粉末状の炭素含有物質を生成することができる。Aマイクロメーター単位の高純度粉末状炭素を生成することができる。B従来は生成することが困難であった、非整数比の化学組成の物質生成ができる。C効率的に物質生成が可能なため地球環境にやさしい。
技術概要
 
炭酸塩含有物質に衝撃波パルスレーザーを印加して、種々の粉末状炭素含有物質を生成する、パルスレーザーによる物質生成方法。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【否】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT