新聞、広告、雑誌等の収納箱

開放特許情報番号
L2007003862
開放特許情報登録日
2007/8/10
最新更新日
2007/8/10

基本情報

出願番号 特願2005-233515
出願日 2005/8/11
出願人 大倉 芳裕
公開番号 特開2007-045492
公開日 2007/2/22
登録番号 特許第3932139号
特許権者 大倉 芳裕
発明の名称 新聞、広告、雑誌等の収納箱
技術分野 生活・文化
機能 その他
適用製品 新聞、広告、雑誌等の収納箱
目的 第一下棚乃至第四下棚と第一上棚乃至第四上棚を設け、望ましくは、新聞等を分別して収容して別個に緊縛できまた、新聞等を緊縛する際、手の出し入れをスムーズにするため、新聞等の収容箱に上孔、下孔を設けた。そして、新聞等の収容箱に底板を設けて底板に移動手段を設け、第一上棚乃至第四上棚が蝶番を介して開閉自在に枢着するようにする。
効果 新聞等の収容箱の少なくとも上面と前面を開放しているため、新聞等の収容箱を例えば、机の下に置いた場合で上面が塞がっている場合であっても、前面から新聞等を入れることができる。また、上棚を設けることにより例えば、新聞や広告等を分別して収納し、緊縛することができる。さらに、新聞等の収容箱に底板を設けていることから、新聞等の収容箱の安定度・強度が増すこととなる。
技術概要
この収容箱に底板を設け、この収容箱の左側面を構成する第一左側面板と第二左側面板との間、右側面を構成する第一右側面板と第二右側面板との間、背面を構成する第一背面板と第二背面板との間に、それぞれ紐の挿入を許すガイド溝を設け、下棚を構成する第一下棚、第二下棚、第三下棚、第四下棚同士間に、紐の挿入を許す十文字型のガイド溝を設け、第一右側面板、第二右側面板、第一左側面板、第二左側面板に、第一窓部、第二窓部、第三窓部、第四窓部をそれぞれ設け、上棚を構成する第一上棚、第二上棚、第三上棚、第四上棚を、第一右側面板、第二右側面板、第一左側面板、第二左側面板の内側にそれぞれ枢着して、第一窓部、第二窓部、第三窓部、第四窓部にそれぞれ収容可能とし、第一上棚、第二上棚、第三上棚、第四上棚の同士の間に、紐の挿入を許す十文字型のガイド溝を設けた構造とする新聞、広告、雑誌等の収容箱である。第一上棚、第二上棚、第三上棚、第四上棚を、第一右側面板、第二右側面板、第一左側面板、第二左側面板の内側にそれぞれ蝶番を介して設け、この蝶番にストッパーを設けた。図1は、左上面斜視図、図2は、左側斜視図、図3は、正面図である。
イメージ図
実施実績 【試作】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

アピール情報

導入メリット 【改善】
改善効果1 新聞等の収容箱の少なくとも前面と上面が開放状態となっており、前面、上面から新聞等を日付け順に収容できるため、容易に必要な日付けの新聞等を取り出して再度読むことができる。また、上面のみしか開放されていない収容箱の場合は、一度新聞等を収容箱に入れてしまうと、新聞等を取り出すのが困難な場合があるが、本発明は前面も開放状態となっているため、新聞等が取り出しやすい。

登録者情報

登録者名称 大倉 芳裕

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT