バイオディーゼル燃料の製造方法

開放特許情報番号
L2007003699
開放特許情報登録日
2007/8/3
最新更新日
2009/1/9

基本情報

出願番号 特願2007-103554
出願日 2007/4/11
出願人 独立行政法人産業技術総合研究所
公開番号 特開2008-260819
公開日 2008/10/30
発明の名称 バイオディーゼル燃料の製造方法
技術分野 有機材料
機能 材料・素材の製造
適用製品 油脂とアルコールとのエステル交換反応、有機相、食用廃油、アルキルエステル
目的 原料油中には遊離脂肪酸が含まれており、この遊離脂肪酸はアルカリと交換反応し、その結果、脂肪酸アルキルエステル、ひいてはバイオディーゼル燃料の収率を低下させる一因となることに鑑み、原料油中の遊離脂肪酸を除去し、脂肪酸アルキルエステルの収率を向上させることの実現。
効果 原料油を酸及び低級アルコールで前処理することによって、収率良く脂肪酸アルキルエステル及びバイオディーゼル燃料を製造することができる。
技術概要
この技術は、原料油を低級アルキルアルコール及びアルカリ触媒存在下でエステル交換反応させて脂肪酸アルキルエステルを製造する方法において、エステル交換反応の前に、原料油に酸及び低級アルキルアルコールを原料油を添加し、添加により生ずる油層をエステル交換反応に供する。原料油がジャプロファ由来の油であるとよい。製造される脂肪酸アルキルエステルがバイオディーゼル燃料として利用されるものであるとよい。低級アルキルアルコール及びアルカリ触媒存在下でエステル交換反応させて脂肪酸アルキルエステルを製造する方法において、原料油を酸及び低級アルコールで前処理することによって、原料油中の遊離脂肪酸を十分に低減することができ、脂肪酸アルキルエステルを収率良く製造できる。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT