カタログ提示システム及び方法

開放特許情報番号
L2007003688
開放特許情報登録日
2007/8/3
最新更新日
2009/1/9

基本情報

出願番号 特願2007-100389
出願日 2007/4/6
出願人 独立行政法人産業技術総合研究所
公開番号 特開2008-257560
公開日 2008/10/23
発明の名称 カタログ提示システム及び方法
技術分野 情報・通信
機能 制御・ソフトウェア
適用製品 実物を見た場合に近い状況を生む表示方式、画像合成、試着を商品購買の判断に使用している商品、かつら、家具
目的 カタログに等縮尺の人物や背景映像を画像合成して表示することにより、実物を見た場合に近い状況を作り出し、購買者のカタログ商品への深い理解を促し、実物を見た場合と同様に、詳細に商品を観察できる状況を生むと共に、購買者の色や形や大きさの修正希望をメーカ、小売業にフィードバックする表示方式の提供。
効果 商品購入後の状況を、自己像や背景映像を画像合成することで映像化し、購買者に提供することにより、商品理解を深めることを促進する。購買者毎に用意した人物の映像、背景の映像と、商品の映像を画像合成することにより、慣れ親しんだ背景の中に、商品と人物(一般に購買者自身)があたかも一緒に存在するような合成映像をつくりだす。合成映像は静止画とは限らない。
技術概要
この技術では、カタログ提示システム及び方法は、素材A(商品の映像とその属性情報)と、素材B(人物の映像とその属性情報)と、素材C(背景の映像とその属性情報)と、利用者の操作するマウス等の指示装置Dと、それら素材A,B,Cを合成表示する表示装置Eから構成される。各素材A,B,Cは、表示装置Eと属性情報の通信を行い、自ら映像の表示位置や表示内容、表示サイズを決定する能力を有する。表示装置Eは、各素材A,B,Cおよびマウス等の指示装置Dからの属性情報に従って、画面表示すると共に属性情報を各素材A,B,Cに伝達する能力を有する。利用者が商品の素材Aの表示位置や視点などの属性情報の変更を、指示装置Dを操作することにより表示装置Eに伝えると、表示装置Eは素材Aに表示位置や視点の属性情報の変更希望をそのまま伝える。素材Aは表示位置や視点の属性情報変更の希望に従って、新たな表示位置に合致した表示内容、表示サイズを決定し、決定した新たな表示位置、表示内容、表示サイズに相当する映像と属性情報を表示装置Eに出力する。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT