光導波路及び光デバイス装置

開放特許情報番号
L2007003648
開放特許情報登録日
2007/8/3
最新更新日
2015/9/16

基本情報

出願番号 特願2007-078539
出願日 2007/3/26
出願人 独立行政法人産業技術総合研究所
公開番号 特開2008-241818
公開日 2008/10/9
登録番号 特許第5008131号
特許権者 国立研究開発法人産業技術総合研究所
発明の名称 光導波路及び光デバイス装置
技術分野 情報・通信、無機材料
機能 材料・素材の製造
適用製品 光波路作製等に有用な光導波路に適用する。
目的 2次元フォトニック結晶における周期構造を制御してなる光導波路を提供する。
効果 曲がり部での反射・散乱による損失、ファブリーペロー共振による特性劣化のない2次元フォトニック結晶曲がり光導波路が可能になる。
技術概要
2次元フォトニック結晶において格子点を結ぶ直線を自由曲線に沿って歪曲させ、それに合わせて結晶構造全体を変形させるとともに、自由曲線上の屈折率構造を除去し、自由曲線を導波路中心線とした光導波路にする。好適には、導波路中心線となる自由曲線F2に沿って間隔d1で配置された点から、各点のF2に対する法線(A2、B2、C2、D2)方向に、間隔d2で屈折率の周期構造を配置する自由曲線光導波路(図)にする。これにより、この導波路と、他のフォトニック結晶導波路とを曲率を連続に接続させることにより光デバイス装置が得られ、また、自由曲線を閉曲線とした光導波路により光デバイス装置が得られるようになる。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT