立体配座解析装置及び解析方法

開放特許情報番号
L2007003643
開放特許情報登録日
2007/8/3
最新更新日
2018/1/8

基本情報

出願番号 特願2009-506233
出願日 2008/2/1
出願人 国立研究開発法人産業技術総合研究所
公開番号 WO2008/117570
公開日 2008/10/2
登録番号 特許第4941869号
特許権者 国立研究開発法人産業技術総合研究所
発明の名称 立体配座解析装置及び解析方法
技術分野 情報・通信、化学・薬品
機能 検査・検出
適用製品 薬効、薬剤活性種、立体配座
目的 立体配座の微妙な構造の違いがある場合にも区別することができ、任意の分子を統一的に扱うことができ、大規模な電算機処理を可能とすることができる立体配座解析装置及び解析方法の提供。
効果 化学結合の位置及び二面角を符号化して分子の立体配座を表記する手法を用いて立体配座を解析するようにしたので、立体配座の微妙な構造の違いがある場合にも区別することができ、任意の分子を統一的に扱うことができ、大規模な電算機処理を可能とすることが可能となる。
技術概要
この技術では、立体配座解析装置は、処理部が、解析対象化合物の化学構造式の入力を受け付け、処理部が、入力を受け付けた化学構造式に基づき各々の化学結合部位に二面角を表す予め定めた符号を付し、一つの立体配座表記で立体配座を一義的に決定できる構造について、注目する符号化立体配座の表記を抽出するとともに、抽出した符号化立体配座表記を記憶部に記憶させ、処理部が、抽出した符号化立体配座の表記に基づいて分子モデルを作成する。そして処理部が、作成した分子モデルの構造最適化及び振動数計算を行い、最適化構造とその最適化構造の物性値を求め、処理部が、記憶部から符号化立体配座表記を取り出し、それに基づいて相同性の解析を行う。また、解析対象化合物が光学活性分子であり、実測の赤外円二色性スペクトルと候補立体配座から求めた予測スペクトルとを比較することにより、液相中にある光学活性分子の立体配座構造を検証するものとする。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT