ガンマ線源を利用した可視化装置

開放特許情報番号
L2007003568
開放特許情報登録日
2007/8/3
最新更新日
2015/8/6

基本情報

出願番号 特願2005-285073
出願日 2005/9/29
出願人 独立行政法人 日本原子力研究開発機構
公開番号 特開2007-093471
公開日 2007/4/12
登録番号 特許第4568818号
特許権者 国立研究開発法人日本原子力研究開発機構
発明の名称 ガンマ線源を利用した可視化装置
技術分野 電気・電子
機能 検査・検出
適用製品 放射性同位元素の取扱機器、設備
目的 被測定対象に内包されているガンマ線源を利用して被測定対象を可視化する装置の提供。
効果 線源核種の識別、ガンマ線の濃度および空間分布を画像として確認でき、且つ結果として線源が存在しない領域も可視化されることになるため、被測定対象内部の構造物の形状や状態などを監視することも可能となる。また、回転体や移動体の場合にも、ガンマ線検出器との回転・移動の同期を取ることで計測できる。
技術概要
この技術は、ガンマ線源を内包する容器と、その周囲に配置されてガンマ線源から放出されるガンマ線をコリメータを通して検出するガンマ線検出器と、検出したガンマ線検出信号を処理してエネルギーと計数値を計測するガンマ線検出信号処理装置と、単位時間あるいは単位位置毎に計測したガンマ線エネルギーとガンマ線強度とのスペクトル分析により放射性核種の識別と放射性核種の強度とを解析するエネルギー弁別処理装置と、識別された放射性核種毎にガンマ線源の濃度及び空間分布を画像化する画像化計算処理装置と、その計算処理の結果に基づき可視化表示する画像化表示装置とを有する可視化装置である。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT