磁気軸受シャフトシステム

開放特許情報番号
L2007003564
開放特許情報登録日
2007/8/3
最新更新日
2015/8/6

基本情報

出願番号 特願2005-302750
出願日 2005/10/18
出願人 独立行政法人 日本原子力研究開発機構
公開番号 特開2007-113594
公開日 2007/5/10
登録番号 特許第4709986号
特許権者 国立研究開発法人日本原子力研究開発機構
発明の名称 磁気軸受シャフトシステム
技術分野 機械・加工
機能 機械・部品の製造
適用製品 ジャーナル、スラスト、バランス調整機構
目的 磁気軸受、1つまたは1つ以上の変位センサー及びコントロースシステム、補助軸受、並びに傾きを有する支持構造物から構成される磁気軸受シャフトシステムの提供。
効果 本技術によれば、磁気軸受のクリアランスを減少させることにより、容量が大きくなり、結果、磁気軸受システムのサイズ、コストを小さくできる。
技術概要
この技術では、磁気軸受ユニットは、磁気軸受、変位を測定し制御信号を発する磁気軸受の内側センサー、外側センサー、補助軸受、支持構造物から構成する。磁気軸受ユニットの中心線は、磁気軸受の中心線と補助軸受の中心線と関連している。磁気軸受の中心線は、磁気軸受ユニットの中心線と一致している。そして、磁気軸受はシャフトに浮力を与える。シャフトが回転する際には、磁気軸受は、シャフトの回転により起こる振動、アンバランスの調整を行う。内側センサー、外側センサーは浮上させるのに必要な変位、動きを正確に独立して与える。センサーからの信号はシャフトの位置、振動の制御に用いる。補助軸受は磁気軸受故障時にシャフトを支持する代替軸受である。補助軸受は磁気軸受の故障の際のシャフト7の落下に耐え、またシャフト7が磁気軸受に接触することを防止する。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT