光干渉による光スイッチシステム

開放特許情報番号
L2007003486
開放特許情報登録日
2007/7/27
最新更新日
2015/8/20

基本情報

出願番号 特願2005-347679
出願日 2005/12/1
出願人 独立行政法人情報通信研究機構
公開番号 特開2007-155876
公開日 2007/6/21
登録番号 特許第4771067号
特許権者 国立研究開発法人情報通信研究機構
発明の名称 光干渉による光スイッチシステム
技術分野 電気・電子
機能 機械・部品の製造
適用製品 オプティカルスイッチ、光情報通信
目的 光干渉による光スイッチシステム、光信号のままルーティングすることができる光情報通信用のルータの提供。
効果 この技術の光スイッチシステムは,メインマッハツェンダー導波路の両アームにマッハツェンダー導波路を有する強度変調器を用いると,高い消光比を有することとなるので,効果的に光スイッチを行うことができ、光干渉による光スイッチシステムを提供できる。また,光信号のままルーティングすることができる光情報通信用のルータを提供できる。
技術概要
この技術の光スイッチシステムは,光信号の入力部と、光信号が分岐する分岐部,分岐部から分岐した光信号が伝播する導波路である第1、第2のアーム,第1、第2のアームから出力される光信号が合波される合波部を含むメインマッハツェンダー導波路と、合波部で合波された光信号が出力される光信号の出力部,第1のアームに設けられ,第1のアームを伝播する光信号の振幅を制御する第1の強度変調器とを備える。また、第2のアームに設けられ,第2のアームを伝播する光信号の振幅を制御する第2の強度変調器と、第1の強度変調器の第1の電極と、第2の強度変調器の第2の電極と、第1、第2のアームを伝播する光信号との位相差を制御するための変調信号が印加されるマッハツェンダー導波路の第3の電極と、第1〜第3の電極に印加するバイアス電圧を供給するための第1の信号源,第3の電極に高速電気信号を供給するための第2の信号源を含む信号源部と、を具備し、分岐部又は合波部のいずれか又は両方がX分岐とされている光スイッチシステムである。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT