セルロースその他の天然高分子材料を基材とし、好適な高誘導性、焦電性、圧電性を具える強誘電性複合電子部材

開放特許情報番号
L2007003374
開放特許情報登録日
2007/7/13
最新更新日
2013/9/18

基本情報

出願番号 特願2005-348761
出願日 2005/12/2
出願人 独立行政法人森林総合研究所
公開番号 特開2007-157413
公開日 2007/6/21
発明の名称 良好な高誘電性、焦電性、圧電性を有する電子部品。
技術分野 電気・電子、有機材料
機能 材料・素材の製造、加圧・減圧
適用製品 高誘電性、焦電性、圧電性を有する電子部品材料(コンデンサ材、熱センサー材)
目的 環境性に優れる天然高分子材を用いて電子機器類の小型化、高性能化に対応できる電気特性を有する電子部品材料としてのコンデンサ材、センサー一材等、特にフィルム形態に際しての造膜性、塗膜性、吸湿防止機能、高温下の蓄電性等に優れた電子部品材料を提供する。
効果 本発明によれば、環境性に優れた天然高分子材により良好な電気特性を有する電子部品としてのコンデンサ材を得ることができる。すなわち、この電子部品は高温での放電性が少なく、高誘電率、低誘電損失、高い絶縁破壊電圧等を有していて、吸湿防止機能、焦電性、圧電性も良好であり、フィルム化においても造膜性、塗膜性に優れた電子部材として薄膜化、軽量化、高性能化の要求に適性に対応することができる。
技術概要
 
誘電性バインダーとこれに強誘電性物質を均一に分散混合して形成した複合物に所定電圧を印加してなり、誘電性バインダーはグルコース環を有する多糖類、キチン又はポリ乳酸から選ばれたいずれかで、また強誘電性物質はペロブスカイト型結晶構造を有するセラミックス多結晶体から選ばれたいずれかで、それぞれ構成した良好な高誘電性、焦電性、圧電性を有する電子部品材料である。なお、誘電性バインダーはシアノエチル化セルロースおよび/又はプルランであり、ペロブスカイト型結晶構造を有するセラミックス多結晶体はチタン酸バリウム(BaTiOз)、ジルコン酸チタン鉛(PZT)又はチタン酸ジルコン酸ランタン鉛(PLZT)などのいずれかである。さらに、電子部品は表面に撥水処理を施し、熱圧プレスによりフィルム状に圧縮成型してなる。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
希望譲渡先(国内) 【否】 
特許権実施許諾 【可】
実施権条件 平成10年6月29日付特総第1173号特許庁長官通達「特許権等契約ガイドライン」に基づき、案件ごとに協議のうえ決定。

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【有】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT