移動無線通信の自動中継装置

開放特許情報番号
L2007003368
開放特許情報登録日
2007/7/6
最新更新日
2007/7/6

基本情報

出願番号 特願2000-309536
出願日 2000/10/10
出願人 アンテナ技研株式会社、中国電力株式会社
公開番号 特開2002-118509
公開日 2002/4/19
登録番号 特許第3419750号
特許権者 中国電力株式会社
発明の名称 移動無線通信の自動中継装置
技術分野 電気・電子、情報・通信
機能 検査・検出
適用製品 移動無線通信の自動中継装置
目的 同一周波数帯の近接チャンネルの2波を使った自動中継により,移動無線のスポット的な通信不能地域を低コストで効率的に対策する。
効果 ・妨害波除去装置の利用効率を向上できると共に1台の無線機で中継が可能となり,設備の小型化及び経済性の向上を図ることができる。 ・雑音の影響が少なく,また無駄な電力の少ない無線中継を行なうことができる。 ・移動局が広範囲に動く場合であっても,また,中継局を取り巻く複数の基地局が点在する場合であっても,確実かつ効率的に無線中継を行なうことができる。
技術概要
 
自動中継する上で,送信波が受信アンテナへの回り込み妨害波となることが問題となるため,この受信アンテナへの回り込み妨害波を送信波の位相を反転させたものと合成させることにより,回り込み妨害波を打ち消し,自動中継を行う。
実施実績 【試作】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

登録者名称 中国電力株式会社

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT