避難装置

開放特許情報番号
L2007003226
開放特許情報登録日
2007/6/29
最新更新日
2013/2/21

基本情報

出願番号 特願2006-345157
出願日 2006/12/22
出願人 稲永 益雄
公開番号 特開2008-154696
公開日 2008/7/10
登録番号 特許第5148105号
特許権者 稲永 益雄
発明の名称 避難装置
技術分野 生活・文化
機能 安全・福祉対策
適用製品 斜降式救助袋
目的 火災等の緊急時に高所から傾斜滑走で安全な低所に避難するための避難装置を提供する
効果 避難始点にいる避難者が単独で操作して使用することができるとともに、装置構成が簡素小型になる効果がある
技術概要
高所の避難始点から低所の避難終点まで張設されたワイヤーロープと、折り畳まれて状端部が避難始点に固定されて設置され避難終点まで伸展された状態で避難者が内部を滑走して降下する筒状のシュートとを備えた避難装置において、シュートはワイヤーロープを滑走する吊部材によって吊持され下端部に重りが取り付けられていることを特徴とする
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

アピール情報

導入メリット 【 】
改善効果1 避難始点にテンション調整機構が設置されることで、ワイヤーロープの無用なたるみを解消することができる。
改善効果2 吊部材の吊荷重がシュートへの連結部分から周方向へ分散されるため、吊荷重が連結部分に集中してシュートが破損するのを防止することができる
改善効果3 避難者が踏み台に手をついてシュートに体を滑り込ませることができるようになるため、避難者に恐怖心を起こさせることなく安全にシュートに滑り込むことができる
アピール内容 推薦アドバイザー : 栃木県特許流通アドバイザー 関根陽一

登録者情報

登録者名称 稲永 益雄

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT