画像の類似性による分類方法及び装置

開放特許情報番号
L2007003146
開放特許情報登録日
2007/6/22
最新更新日
2007/6/22

基本情報

出願番号 特願2005-303452
出願日 2005/10/18
出願人 独立行政法人情報通信研究機構
公開番号 特開2007-114885
公開日 2007/5/10
発明の名称 画像の類似性による分類方法及び装置
技術分野 情報・通信
機能 制御・ソフトウェア
適用製品 典型的な変化パターン、頻出する周期的変化、頻出しない周期的変化、非周期的変化、無変化
目的 撮像対象の動作など変化に関する情報を、撮像画像から得て、その画像における変化のパターンを類似性によって分類する方法と、それを実施する装置の提供。
効果 連続的に撮像した画像の変化から撮像画像を動作後すぐに分類可能なので、その分類状況を随時利用したり、特定の対象物や事象の発生を検知することに利用できる。
技術概要
動作をしうる対象体を撮像可能な複数の撮像手段と、その撮像手段によって得られた画像情報を少なくとも記録する記憶手段と、撮像手段によって得られた画像情報を少なくとも解析する演算手段とを備え、対象体を撮像して得た複数の画像における変化のパターンを分類する方法において、この技術では、撮像手段によって対象体を連続的に撮像し、それら連続的に撮像された画像情報の差分から、撮像単位時間の間に発生した画像情報の変化量を求め、現時刻から所定の対象時間内における変化パターンを変数として類似性を比較し、類似度の高い動作同士を同一動作として分類することによって、所定の対象時間内における画像情報をその動作の種類によって随時分類する。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT