温度計測装置、信号処理装置および信号処理プログラム

開放特許情報番号
L2007003118
開放特許情報登録日
2007/6/22
最新更新日
2012/3/9

基本情報

出願番号 特願2002-293757
出願日 2002/10/7
出願人 国立大学法人 岡山大学
公開番号 特開2004-125741
公開日 2004/4/22
登録番号 特許第4214191号
特許権者 国立大学法人 岡山大学
発明の名称 温度計測装置
技術分野 電気・電子、情報・通信
機能 検査・検出
適用製品 ヘテロダイン干渉法、温度計測方法、内燃機関
目的 ヘテロダイン干渉法を用いた温度計測を効率化することが可能な温度計測装置、信号処理装置および信号処理プログラムを提供。
効果 本技術によれば、温度計測領域でのビート周波数の位相変化から温度を求めるための手間を軽減することが可能となり、ヘテロダイン干渉法を用いた温度計測方法を内燃機関などに適用した場合においても、燃焼室内の急激な温度変化をリアルタイムで知ることが可能となる。
技術概要
この技術では、ヘテロダイン干渉用光学系で生成された試験光は、光ファイバを介してセンサ部に入射し、センサ部に入射した試験光は、温度計測領域の温度変化に基づいて位相が変化する。そして、センサ部に入射した試験光は、センサ部にて反射され、光ファイバを介してヘテロダイン干渉用光学系に戻され、ビート信号に変換された後、光電変換部に入力される。そして、光電変換部でビート光が電気信号に変換された後、位相計にて、参照信号と試験信号とのビート周波数差から、温度計測領域を通過したレーザ光の位相変化が算出される。ここで、位相計のサンプリング周波数と試験信号のビート周波数により、得られる温度計測分解能を決定することができ、サンプリング周波数を高く、ビート周波数を低く設定することにより、温度計測分解能を向上させることができる。
実施実績 【試作】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT