送電線の鳥による地絡事故回避装置

開放特許情報番号
L2007003112
開放特許情報登録日
2007/6/22
最新更新日
2007/6/22

基本情報

出願番号 特願平09-340682
出願日 1997/11/25
出願人 中国電力株式会社
公開番号 特開平11-162616
公開日 1999/6/18
登録番号 特許第3284305号
特許権者 中国電力株式会社
発明の名称 がいし装置用アークホーン
技術分野 電気・電子
機能 安全・福祉対策
適用製品 送電設備,変電設備
目的 電気事故防止のために,がいし装置部分での鳥害事故を防止する。
効果 鳥による地絡事故を極力回避でき,性能においても良好であり,しかも従来の小ギャップ方式のものに比して大幅なコスト低減が図れる。
技術概要
 
@がいし装置の中間に中間ホーンを取り付け,絶縁間隔を大小ギャップの2分割とする。 A大小ギャップ全体で,耐雷性能に満足させ,小ギャップ側には対地電圧に耐える性能とし,かつ大ギャップより横に角度を付け,鳥による事故防止を図る。
実施実績 【試作】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

登録者名称 中国電力株式会社

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT