耐酸化性黒鉛材料及びその製造方法

開放特許情報番号
L2007003037
開放特許情報登録日
2007/6/15
最新更新日
2015/9/15

基本情報

出願番号 特願2007-050790
出願日 2007/2/28
出願人 独立行政法人産業技術総合研究所
公開番号 特開2008-214112
公開日 2008/9/18
登録番号 特許第5339321号
特許権者 国立研究開発法人産業技術総合研究所
発明の名称 耐酸化性黒鉛材料及びその製造方法
技術分野 無機材料
機能 材料・素材の製造
適用製品 耐火物れんが、るつぼ、潤滑剤
目的 できるだけ少量の酸化抑制材としてウルトラリン酸塩を使用し、ウルトラリン酸塩による処理を施すことで、様々な黒鉛の形態に適用できる簡易な手法で、黒鉛の優れた特性を低下させることなく、耐酸化特性を向上させた黒鉛材料の提供。
効果 本技術によれば、耐酸化性を向上させた黒鉛材料を提供することができる。又、簡易な手法を用いた少量のウルトラリン酸塩処理で、黒鉛材料の持つ優れた特性を損なうことなく、耐酸化性能を飛躍的に向上した黒鉛材料を製造し、提供することができる。
技術概要
この技術では、黒鉛粉末には、平均粒径100μmの人造黒鉛粉末を用いた。リン酸を純水に添加し、リン酸ランタン(LaPO↓4)換算で1〜30wt%となるように、リン酸水溶液を調製した。このリン酸水溶液に、黒鉛粉末:リン酸水溶液との重量比が3:7となるように、黒鉛粉末を添加し、室温で2時間撹拌した後、硝酸ランタンを添加し、更に、室温で22時間撹拌した。硝酸ランタンは、リン/ランタンのモル比が5となるように添加した。得られた溶液を110℃、24時間、大気中で乾燥後、乳鉢で解砕し、800℃、3h、N↓2中で熱処理した。熱処理後、再度、乳鉢で解砕してウルトラリン酸ランタン処理黒鉛粉末を得た。また、原料として、三塩化ビスマスとオキシ塩化リン及びトリエトキシイットリウムとリン酸トリエチルを用い、溶媒として、それぞれ純水及びエタノールを用いて、それぞれ、ウルトラリン酸ビスマス及びウルトラリン酸イットリウム処理黒鉛粉末を得た。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT