水平方向掘削先端位置の測定システム

開放特許情報番号
L2007002972 この特許をより詳しくイメージできる、登録者からの説明資料をご覧頂けます
開放特許情報登録日
2007/6/8
最新更新日
2013/11/1

基本情報

出願番号 特願2004-352129
出願日 2004/12/6
出願人 財団法人鉄道総合技術研究所、株式会社ジェイアール総研情報システム
公開番号 特開2006-162358
公開日 2006/6/22
登録番号 特許第4536500号
特許権者 公益財団法人鉄道総合技術研究所、株式会社ジェイアール総研情報システム
発明の名称 水平方向掘削先端位置の測定システム
技術分野 土木・建築
機能 検査・検出
適用製品 水平方向掘削先端位置の測定システム
目的 比較的小さな径を有する管などの水平系の掘削において、地中の水平方向掘削先端位置を、外部環境および作業環境の影響を受けずに、的確に測定することができる、水平方向掘削先端位置の測定システムを提供する。
効果 比較的小さな径を有する管などの水平系の掘削において、地中の水平方向掘削先端位置を的確に測定することができる。また、重力加速度と地球自転軸を利用するため、外部環境および作業環境の影響を受けずに高精度の測定を行うことができる。
技術概要
図1は地中水平方向掘削先端位置の測定システムの全体構成図である。水平方向掘削先端位置の測定システムにおいて、ターゲットユニット3と、このターゲットユニット3にリンク支持機構を介して支持され、所定リンク長を有するリンク4と、このリンク4の後端にリンク支持機構を介して支持される計測ユニット5よりなる測定装置と、ターゲットユニット3、リンク4及び計測ユニット5を内蔵し、掘削機1の後端に取り付けられる弾性変形可能なスリーブ管とを備え、切掘機1による切掘量がリンク長さとなる毎に、スリーブ管2中心の2点に渡したリンク3の角度を、計測ユニット5により、方位角、重力加速度方向を基準とする座標に変換し、スリーブ管の各点の位置を求める。図2は地中水平方向掘削先端位置の測定装置の全体構成平面図、図3はその地中水平方向掘削先端位置の測定装置のターゲットユニットの模式図、図4はその地中水平方向掘削先端位置の測定装置の計測ユニットの模式図である。
イメージ図
実施実績 【試作】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【有】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT