アクロレイン及び/又はアクロレイン付加物を検出するための試薬及び方法

開放特許情報番号
L2007002874
開放特許情報登録日
2007/6/1
最新更新日
2015/9/15

基本情報

出願番号 特願2007-013932
出願日 2007/1/24
出願人 独立行政法人産業技術総合研究所
公開番号 特開2008-180588
公開日 2008/8/7
登録番号 特許第4916003号
特許権者 国立研究開発法人産業技術総合研究所
発明の名称 アクロレイン及び/又はアクロレイン付加物を検出するための試薬及び方法
技術分野 有機材料
機能 検査・検出
適用製品 アクロレイン、アクロレイン付加物、試薬
目的 アクロレイン又はアクロレイン付加物を高感度で分析することができる試薬、及び、容易かつ迅速にアクロレイン又はアクロレイン付加物を検出する方法の提供。
効果 アクロレイン又はアクロレイン付加物を検出するための検出用試薬及び検出方法が提供できる。かかる検出用試薬を用いた場合には、アクロレイン又はアクロレイン付加物を、高感度で、短時間にかつ複雑な機器を用いることなく検出することが可能である。
技術概要
この技術では、アクロレイン又はアクロレイン付加物検出用試薬は、式(I)で表される構造:〔式中、Aは、炭素原子1及び炭素原子2と共に環状構造を形成する基であり、Xは、置換若しくは非置換の芳香族炭化水素基、及び置換若しくは非置換の複素環基から選択される基であり、ここでXはAを含む環と縮合環を形成していてもよく、R↓1及びR↓2は、それぞれ独立して、酸素原子、硫黄原子、二級アミン又は三級アミンであり、ここで、R↓1及び/又はR↓2が三級アミンである場合には、炭素数1〜10のアルキル鎖を有するアミノ基である。〕を有する化合物を含むものとする。この検出用試薬において、式(I)におけるAは、例えば置換若しくは非置換の芳香族炭化水素基若しくは複素環基であるものとする。また式(I)におけるXとしては、置換若しくは非置換の、ベンゼン、ナフタレン、アントラセン、ピレン、ビフェニル、クマリン、ベンゾチアゾール、フルオレセイン、ローダミン、アゾベンゼン、ピリジン、ビピリジン、キノリン及びフェナントロリンからなる群より選択される化合物の基が挙げられる。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT