バイオサーファクタントの生産方法

開放特許情報番号
L2007002823
開放特許情報登録日
2007/6/1
最新更新日
2015/9/15

基本情報

出願番号 特願2006-339426
出願日 2006/12/18
出願人 独立行政法人産業技術総合研究所
公開番号 特開2007-209332
公開日 2007/8/23
登録番号 特許第4982885号
特許権者 国立研究開発法人産業技術総合研究所
発明の名称 バイオサーファクタントの生産方法
技術分野 有機材料
機能 材料・素材の製造
適用製品 環境汚染、生分解性の高い界面活性物質、微生物が生産する界面活性物質、細菌、酵母
目的 グルコースからマンノシルエリスリトールリピッドが製造できれば、木質系バイオマスからグルコースの生産を経て、バイオサーファクタントとして有用なマンノシルエリスリトールリピッドを生産するための一貫したバイオプロセスの確立に貢献できるという要望に応えることの実現。
効果 シュードザイマ属に属し、グルコースを基質としてマンノシルエリスリトールリピッドを生成する能力を有する微生物は、脂肪酸あるいは脂肪酸トリグリセリド等の脂肪酸エステル、あるいは植物油等の油脂類を培地に含有させなくとも、グルコースを栄養源として培地に含有させることにより、マンノシルエリスリトールリピッドを生産することができる。
技術概要
 
この技術は、シュードザイマ属に属する特定のマンノシルエリスリトールリピッド生産菌が、脂肪酸又は脂肪酸トリグリセリド等の脂肪酸エステルを培地に含有させなくとも、グルコース含有培地(グルコース120g/L、酵母エキス1g/L、硝酸ナトリウム0.5g/L、リン酸2水素カリウム0.4g/L、及び硫酸マグネシウム0.2g/L)で培養することにより、マンノシルエリスリトールリピドを生産し得ることに基づく。すなわち、シュードザイマ属に属し、グルコースを基質としてマンノシルエリスリトールリピッドを生成する能力を有する微生物を、グルコースを含有し、脂肪酸あるいは脂肪酸エステル不含培地で培養し、培養物からマンノシルエリスリトールリピッドを採取するマンノシルエリスリトールリピッドの生産方法とする。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT