節境界検出装置、機械翻訳装置及びコンピュータプログラム

開放特許情報番号
L2007002713
開放特許情報登録日
2007/5/25
最新更新日
2007/5/25

基本情報

出願番号 特願2003-108676
出願日 2003/4/14
出願人 株式会社国際電気通信基礎技術研究所
公開番号 特開2004-318300
公開日 2004/11/11
登録番号 特許第3924260号
特許権者 株式会社国際電気通信基礎技術研究所
発明の名称 節境界検出装置、機械翻訳装置及びコンピュータプログラム
技術分野 情報・通信
機能 制御・ソフトウェア
適用製品 機械翻訳装置
目的 日本語の発話において、局所的な情報のみから文の形態素列の節境界を検出し、その節の種類を自動的に判定すること。
効果 性質の異なる複数のコーパスに対して、96〜99%の節境界検出の正解率を得ており、構文解析を用いることなく長文の翻訳も容易で、精度の高い翻訳が可能になる。文分割、同時通訳、局所的な構文解析、要約などの処理に応用することができる。
技術概要
入力テキストを形態素解析し、形態素の局所的な連接関係のみを手がかりとして節境界を検出する。そのために形態素の局所的な連接関係をパターンに分類し、特定のパターンが検出された場合に節境界を特定するルールを作成し、このルールに従って自動的に節境界を特定する、この節境界検出ルールは、節境界の位置を発見するための形態素列パターン、すなわち361個の検出ルールと、節境界の種類を表す144種類の節境界ラベルとからなっている。
実施実績 【有】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT